株式会社明石スクールユニフォームカンパニー

会社概要

名称 株式会社明石スクールユニフォームカンパニー
代表者
河合 秀文
ウェブサイト https://akashi-suc.jp/
所在地 岡山県倉敷市児島田の口1-3-44
設立年月日 2014年12月01日
従業員数 501~1000
ひとこと自己紹介 明石スクールユニフォームカンパニー(明石SUC)は、スクールウェア(学生服・制服・学校制服)、体操服、お仕事服などの企画・製造・販売を行うアパレルメーカーです。

会社紹介

学校様の「情報」×服作りの「技術」×社員たちの「感性」。これらを融合させることで、明石のオリジナル学生服が生まれます。

学生服に携わることもあれば、体操服、介護・看護服に携わることも。若手社員の発案から、新規の企画・事業も誕生しています。

「青春は一瞬」。学校制服を通じて子どもたちの健やかな成長を応援します。

■多くの方に愛される学生服、体操服、介護・看護服づくり

本社がある倉敷市児島は江戸時代から綿栽培がさかんで「繊維のまち」として発展してきました。慶応元年(1865)年、真田紐の製造からスタートした当社もその歴史とともに歩み、現在はユニフォームの総合メーカーとして学校制服を中心とした体操服、介護・看護服などの企画・販売を行っています。当社の作る『学校オリジナル制服』は全国5,000校ある高校のうち1,400校へ納入しています。また、国内スポーツメーカー「デサント」と契約した体操服は16年目を迎える今年、累計納入校は1,900校以上にもなります。最近では高齢化社会という時代のニーズに沿った介護服・看護服の開発も手掛けています。

■一人ひとりを大切に、真心をこめたもの作り。

当社では「誠実であること」を一番大事に考え、“一針一心”真心をこめたもの作りに励んでいます。学生服は運動量の多い時期に毎日着用するため、破れにくく洗濯による型崩れ・色落ちの少ない機能性が必要です。ほかにもさまざまな動きに耐えられる耐久性、生地の安全性や細やかな縫製の仕方など、デザイン・品質ともに最高レベルが求められます。また、新入生一人ひとりを採寸してから、わずか2週間という短期間に全員分を揃え、お届けするという使命があります。私達はこのようなニーズにも応えられ高品質で、真心をこめて作った学生服をお届けしています。

■明るく安心して働ける職場環境

職場はとても明るい雰囲気で安心して働ける環境です。研修制度も整っており、先輩方の面倒見がよく、若手社員を育てようという気風に満ちています。
近年、若手社員が最前線で活躍しており、若手ならではの斬新な発想や提案が、会社の新しい企画を数多く生み出しています。